神戸マラソンで「清原和博さん」2時間25分44秒で自己新「自分の力は出せた」

2017年11月19日14時11分  スポーツ報知
  • 42・195キロを完走し、取材陣に対応した清原和博さん

 「第7回神戸マラソン」が19日午前9時に神戸市役所前からスタートした。

 昨年、2時間27分38秒のタイムで4位に入り、今年は招待選手として出場した神戸市出身で神奈川県相模原市在住の会社員・清原和博さん(26)=所属・橋本走友会=は2時間25分44秒(速報タイム)で自己新をマークした。

 勤務先が午前6時30分出勤のため、午前3時40分に朝のトレーニングを始め、終業後は帰宅ラン。10月には30キロを5本走って調整した。順位は14位と昨年から大きく下がったものの「1年間、この日のために練習をしてきた。優勝を狙っていたんですが、自分の力は精いっぱい出せた」と満足そう。

 元プロ野球の大物選手と同姓同名。父が西武ファンで「和博」と命名され、自身も野球の経験を持つ。昨年の活躍がネットで紹介され、「友達からの連絡も増えました。『頑張れよ』って」。次は、来年3月4日の「びわ湖毎日マラソン大会」で2時間20分を目指すという。

 男子の優勝者はクァリル・ルムシェ(30)=モロッコ=で2時間12分49秒(速報タイム)。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)