太田雄貴会長、決勝で2000人動員目標 フェンシング全日本選手権開幕

2017年12月8日7時0分  スポーツ報知
  • 太田雄貴会長

 フェンシングの全日本選手権が7日、東京・駒沢体育館で開幕した。これまで各種目プール戦から決勝まで1日で行っていたのを、今年は全種目決勝を最終日の10日にまとめて実施する方式に変更。決勝では東京五輪を見据えてLEDを駆使し、日本の技術力をアピールする演出を計画している(詳細は当日まで非公表)。

 日本協会の太田雄貴会長は「2000人動員が目標」と、前年の300人から大幅増を宣言。会見に出席した世界選手権男子フルーレ銀の西藤俊哉(20)=法大=は、「器用ではないので、必死なところを見てもらいたい」と呼びかけた。

 この日は男子サーブルと女子エペの準決勝までが行われ、女子エペで馬場晴菜(日大2年)が決勝進出。2日後の決戦に向け、「気持ちを途切れさせないように、雰囲気に飲まれないようにやりきりたい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ