【箱根駅伝】中央学院大、10位で初の4年連続シード権…順大14秒差で振り切った

2018年1月4日7時0分  スポーツ報知
  • 総合10位でゴールテープを切る中央学院大・藤田大智

 ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 中央学院大は14秒差で11位・順大を振り切り、同校初4年連続のシード権を獲得した。10区・藤田がタスキを受けた時には後続と1分4秒の差があったものの、17キロ過ぎに両足がけいれん。一気に差を縮められた。焦りが募る中、「タスキを途切れさせてはいけない」と強く腕を振りシード権をつないだ。

 レース後、川崎勇二監督(55)の表情は厳しかった。「選手たちに『シードを取れる』って慢心があったと思う。簡単には取れないぞと分かったんじゃないか」と指摘。「スピード強化と持久力をやっていかないといけない」と巻き返しを誓った。

箱根駅伝
  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)