競泳で国内初のドーピング違反確定、21歳男子選手の予備検体からも興奮剤

2018年1月15日7時0分  スポーツ報知

 競泳の男子選手(21)が昨年9月の日本学生選手権(大阪・門真市)のドーピング検査で興奮作用のある禁止薬物に陽性反応を示した問題で、予備のB検体も陽性だったことが14日、関係者への取材で分かった。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が近く処分を決定し、公表する。国内の競泳選手では初の薬物違反が確定し、数か月の資格停止処分となる見通し。

 関係者によると、世界反ドーピング機関(WADA)の検査機関で調べたところ、選手が服用していた海外のサプリメントから興奮剤が検出された。製品のラベルには禁止物質が含有されているとの記載がなかった。重大な違反ではないものの、過失はあったと判断されるとみられる。同選手は自由形短距離で全国高校総体(インターハイ)を制した実績があり、主要国際大会の日本代表経験はない。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)