名将・鶴谷邦弘さん通夜に教え子・伊東浩司氏、竹沢健介氏ら500人…報徳学園で高校駅伝V6度

2018年2月3日8時15分  スポーツ報知
  • 報徳学園を率いて全国高校駅伝で6度優勝に導いた鶴谷邦弘氏の遺影

 1月30日に大腸がんで亡くなった元報徳学園陸上部監督・鶴谷邦弘さん(享年73)=大経大陸上部監督=の通夜が2日、神戸市灘区の「ベルコシティホールなだ」で行われた。全国高校駅伝男子で史上初の3連覇など同校を6度優勝に導いた名将への弔問に、教え子で男子100メートル前日本記録保持者の伊東浩司氏(48)、早大へ進み箱根駅伝3年連続区間賞の竹沢健介氏(31)ら約500人が訪れた。

 伊東氏は「『頼まれた仕事は笑顔で引き受けろ』との教えが心に残る。1週間前に病院でお会いしたばかりだった」としんみり。竹沢氏は「高校時代、よく怒られた。卒業時『もう誰も怒ってくれないぞ』と東京へ送り出していただいた」と懐かしそうに語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ