伊調馨「告発状については一切関わっておりません」

2018年3月2日6時20分  スポーツ報知
  • 東京五輪で金メダルを狙う伊調馨

 レスリング女子で五輪4連覇を達成した伊調馨(33)=ALSOK=は1日、自身が日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを繰り返し受けたとする告発状が、レスリング関係者から内閣府の公益認定等委員会に出されたことについて、所属先を通じて「告発状については一切関わっておりません」とのコメントを発表した。

 パワハラとされる事実の有無については言及せず「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、ご説明することも検討したい」「レスリングに携わる者として、レスリング競技の普及発展を常に考えております」とした。

 告発状は、栄氏が伊調のコーチを務める強化委員の男性に指導をやめるよう命じ、従わなかった男性に「言うことを聞かなければ出ていけ」などと脅したほか、練習場所としていた警視庁の施設に出入りできないよう圧力をかけたとしている。

 日本協会は同日、「当協会が練習環境を不当に妨げ、制限した事実はない」とする文書を発表。当該コーチは男子フリースタイルのコーチだったため、伊調を教えることで男子の指導がおろそかにならないよう注意喚起をした事実は認めた。また、伊調に対し、男子合宿で同コーチの指導を受ける場合は全体練習終了後とするよう伝えたことはあるとしたが、合宿参加を禁じたことは否定。「警視庁レスリング部に対して練習に参加させないことや(当該)コーチを指導から外すよう働きかけた事実も一切ない」とした。

 栄氏は取材に対し、告発内容を否定。取材に応じた協会の菅芳松事務局長は「詳しいことはまだ全然調べていない。調べたら報告する」と話した。

 スポーツ庁・鈴木大地長官「やるべきトレーニング、鍛錬が理想的に続けられていた上での五輪4連覇と思っていた。情報収集を積極的に行い、それに応じて対応する」

 日本オリンピック委員会(JOC)竹田恒和会長「伊調選手も一生懸命やって、彼(栄氏)も一生懸命努力してきたので、ちょっと状況が見えないからコメントはできない。レスリング協会の中でいい解決をしてくれれば」

東京五輪
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ