レスリング・パワハラ問題の第三者委に3弁護士、馳浩副会長「全面的な支援をしたい」

2018年3月8日22時2分  スポーツ報知

 日本レスリング協会は8日、都内で理事会を開催。女子で五輪4連覇の伊調馨(33)=ALSOK=が栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に出された問題で、事実関係の調査を担う第三者委員会に、いずれも弁護士の有田知徳氏、政木道夫氏、須藤修氏の3人を選んだと発表した。

 日本協会の倫理委員会から調査を委託された第三者委は、今後2~3週間ほどをかけて関係者からの聞き取りを進め、事実認定を行う見通し。報告書がまとまり次第、臨時理事会が招集され、内容の把握と公表を行う方針だ。日本協会の馳浩副会長(56)は「本人の、現在の気持ちをしっかり受け止めることが必要。東京を目指したいとか、レスリングを続けたいというならば、これまでの実績を踏まえて本人が臨む練習環境やコーチをどうするか、支援体制をどうするかを考えないといけない。全面的な支援をしたい」と述べた。

 また、栄本部長は最高指揮官役の「本部長」として帯同予定だった国別対抗戦W杯(17~18日、群馬・高崎市)を、体調不良のため休養することが決まった。現在は自宅療養中。馳副会長は「本人からは『体調不良で間に合う自信がない』ということだった。選手にも影響を及ぼすので、代えた方がいいだろうという考えだ」と話した。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ