Jリーグがeスポーツの大会「明治安田生命eJ.LEAGUE」を開催

2018年3月9日16時6分  スポーツ報知
  • eスポーツ大会開催の会見に出席したJリーグの村井チェアマン(右)、プロeスポーツ選手のマイキー

 Jリーグは9日、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」の大会「明治安田生命eJ.LEAGUE」開催を発表した。

 ゲームタイトルは「EA SPORTS FIFA18」でゲーム機はプレイステーション4。予選ラウンドを3月30、31日、4月1、6、7、8日にオンライン上で行い、5月4日に決勝ラウンドを日本サッカーミュージアム「ヴァーチャルスタジアム」で行う。優勝者には国際サッカー連盟(FIFA)が主催する公式eスポーツ大会「FIFA eWorld Cup 2108」の世界予選である「EA SPORTS FIFA 18 Global Series Playoffs」(今年6月開催)への参加権が与えられる。

 会見にはプロeスポーツ選手のマイキーも出席し「年齢、性別など関係なく誰でも参加できる。日本人が世界一を取る未来もあると思います」と語った。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ