【箱根への道】感謝を胸に大会支える裏方の「エース」…関東学連・水上俊太幹事長

6月22日 15:02

 中学時代、箱根路を駆けることが目標だった。「地元では、それなりの選手でした。同じ鴻巣市(埼玉)出身の服部翔大さん(日体大、現ホンダ)のように箱根駅伝で活躍したいと思っていました」と水上幹事長は笑顔で話す。全国有数の進学校、県立浦和高で長距離走に打ち込んだが、実力は県大会レベル。3年秋の県高校駅伝を最後にシューズを脱ぐことを決めた。  続きを読む…

今日のスポーツ報知(東京版)