【箱根への道】青学大・原監督、連覇「赤信号」から完全V…苦悩の連続を語り尽くす

2016年1月6日10時30分  スポーツ報知

 第92回箱根駅伝(2、3日)で連覇を飾った青学大の原晋監督(48)がスポーツ報知のインタビューに応じ「今だから話せる」苦しい舞台裏を明かした。絶不調だったエース・久保田和真(4年)を外した区間配置案など大会に臨むにあたっての直前の裏話のほか、「3代目・山の神」神野大地(4年)の後継者候補など第93回大会の展望まで語り尽くした。

 青学大は学生駅伝の大本命として迎えた2015~16年シーズン。開幕戦の出雲駅伝(昨年10月12日)を順当に制するも、全日本大学駅伝(同11月1日)では東洋大に“惨敗”の2位。しかし、箱根駅伝では1区から10区まで一度も首位を譲らず、圧勝。V字回復でV2を達成した。

 「全日本で負け、私も選手もしょぼくれた。神野、久保田、小椋と主力もそろって調子を落とし、箱根連覇は赤信号だった」

 転機は昨年12月2~6日に千葉・富津で行われた強化合宿。集中した環境で少しずつ足並みがそろってきた。

 「練習内容が日に日に良くなった。最終日の30キロ走はみんな無理をしていないのに設定タイムより速かった。神野も(12月)19日に箱根の山で5区を下見し、1時間20分は確実に切れる手応えをつかんだ」

 だが、2人の選手は絶不調に陥ったままだった。前回1区2位の久保田と同6区2位の村井だ。

 「12月10日の選手登録の後、村井は気胸になり、6区は1年生の小野田に託すしかなくなった。久保田は集中力がなく、心ここにあらず、という感じ。29日の監督懇親会では『ウチの久保田が家出をしまして』とあいさつしたくらいだった」

 12月29日の区間登録は頭を悩ませた。気胸で走れない村井を1区、調子が下降気味の山村と池田をそれぞれ4、8区の“偵察要員”として登録した。

 「28日のミーティングで1区が下田、3区が秋山か田村か久保田、4区が田村か久保田、8区が渡辺利、10区が茂木か渡辺心か橋本と発表した。その時点では久保田が走る可能性は低かった」

 だが、30日になり、突如、久保田が復調。「王者のプライドみたいなものを捨てたら体が軽くなった」という。31日に再度、区間配置を組み直した。

 「久保田は天才です。レースが近づくとさえてくる。1区で戦えるメドがついた。急きょ、下田を8区に、渡辺利を10区に回した。十分に走れる状態だった茂木、渡辺心、橋本は残念ながら外すしかなかった」

 箱根駅伝には「誰を入れるか、ではなく、誰を外すか、というチームが勝つ」という格言がある。ライバルの東洋大の酒井俊幸監督(39)は「故障者が出てベストメンバーが組めなかった」と明かす。つまり「誰を入れるか」というチーム状況だった。久保田の出場が決まった31日の時点で、青学大の勝利はほぼ決まった。

 青学大とライバルの東洋大、駒大のタイム差は前回より縮まったが、実力差はむしろ広がった。前回は5区で神野が1時間16分15秒という神懸かり的なタイムで箱根の山を駆け上がり、1区間だけで東洋大に5分59秒、駒大に8分11秒も勝った。今回は神野がタイムを落とした一方で、東洋大は五郎谷俊(4年)が区間3位、駒大は大塚祥平(3年)が同4位と健闘。その結果、5区の差は狭まったものの、逆に5区以外の9区間で他校を圧倒した。

 「前回よりも強い勝ち方ができた。神野の前回のタイムは出せるものではないが、今回のタイム(1時間19分17秒)なら出せる選手はいる。そういう意味では、すでに神野の穴は埋まっている。来年の5区候補は1番手が下田、2番手が貞永隆佑(2年)、大穴は鈴木悠日(3年)かな」

 前回の5区から今回の10区まで16区間連続でトップを走り続けている。来年、往路を完全制覇すれば21区間連続トップとなり、1950、51年に連続で完全優勝した中大の20区間を抜いて大会史上最長記録となる。青学大の“箱根一人旅”はどこまで続くか。

 「もちろん、続けられる限り続けたい。それに前回、今回ともに往路、復路を優勝し、4連勝中。これも伸ばしたい。今回、11月にチーム全体の調子があれほど悪かったのに12月に一気に上がった。どんな練習、調整をすればいいか、確立された。全日本の敗戦は決して無駄ではなかった。青学大は常に進化を続けています」

 ◆原 晋(はら・すすむ)1967年3月8日、広島・三原市生まれ。48歳。世羅高3年時に全国高校駅伝4区2位。中京大3年時に日本学生5000メートル3位。89年、中国電力陸上部に1期生で入社。27歳で引退し、一般社員に。抜群の行動力とアイデアで「カリスマ営業マン」と呼ばれた。2004年に青学大監督に就任し箱根駅伝2勝(15、16年)、出雲駅伝2勝(12、15年)。大学駅伝界の異端児を自任する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)