【箱根駅伝】青学大、3冠&3連覇へ復路大作戦!田村&下田をスクランブル投入

2016年12月30日6時0分  スポーツ報知
  • 田村と同様、補欠で選手登録された青学大・下田
  • 重要区間でのスクランブル投入が濃厚な青学大・田村

 来年1月2、3日に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの10区間と補欠6人の選手登録を発表した。大会3連覇と年度3冠を狙う青学大は、マラソン10代日本記録保持者の下田裕太(3年)、学生3大駅伝5回出場中4回区間賞の田村和希(3年)を補欠に温存。復路勝負へ万全を期した。

 接戦を制し「サンキュー大作戦」を完遂する。青学大は3本柱のうち、エントリーに入れたのは2区の一色だけ。1万メートルチーム最速(28分18秒31)の田村、マラソン10代日本記録を持つ下田は補欠に温存。当日変更で勝負区間へ起用する態勢だ。原監督は「サンキュー指数はあまり高くない。今回は簡単に勝たせてもらえない。往路は混戦で、復路でたたき合いになる。後半にも枚数が残っている感じにした」。年度3冠&大会3連覇に王手の絶対王者でも、楽勝ムードは全くない。

 過去2大会とはまるで違う戦いになる。前回までは神野大地(現・コニカミノルタ)が2年連続5区を担い、2位に大差をつけて往路V。勢いのまま復路も制し、完全優勝するのが必勝パターンだった。だが、今大会5区を託される貞永は区間5位以内が目標。4区まで首位なら、15年5区から続く連続区間1位記録で大会最長(20区間=1950~51年の中大)に並ぶが、混戦もあり得る状況で往路に主軸全員をつぎ込むわけにはいかない。「(往路は)3位以内、トップから2分差以内にいたい。8、9、10(区)で大逆転してサンキュー、ありがとうとなるか、(敗れて)アイム・ソーリーか」。選手層の厚さで総合Vを勝ち取るつもりだ。

 最終的な区間配置は、各選手の最終調整やコンディションを踏まえ、レース直前まで頭を悩ませる。原監督は「8~9割の状態には仕上がっている」。年度3冠なら史上4校目、大会3連覇は6校目だが、同時達成なら史上初。かつてない危機感で、快挙を引き寄せる。(細野 友司)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ