【箱根駅伝】花の2区に留学生最多4人が登録

2016年12月30日6時0分  スポーツ報知

 来年1月2、3日に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの10区間と補欠6人の選手登録を発表した。

 花の2区に、前回の3人を超え、過去最多の4人の外国人留学生が登録された。山梨学院大のニャイロ(2年)、創価大のムイル(1年)、拓大のデレセ(2年)、日大のワンブィ(2年)はいずれも区間賞候補。青学大のエース一色(4年)、順大のリオ五輪3000メートル障害代表・塩尻(2年)らとハイレベルな争いが期待される。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ