【箱根駅伝】東海大、1区鬼塚が運命を左右 往路に1年生4人を抜てき

2016年12月30日6時0分  スポーツ報知
  • 東海大

 来年1月2、3日に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの10区間と補欠6人の選手登録を発表した。

 東海大は1、2、4、5区と往路に1年生4人を抜てきした。1万メートル28分台のスーパールーキーズの鬼塚、関を1、2区に配置。両角速駅伝監督(50)は「1年生は運命共同体なので、鬼塚が走るかこけるかが鍵を握る」と話した。「皆、万全の状態。往路5時間30分以内で3位以内が目標」と往路を重視。「復路は4年生」と上級生の粘りで先行逃げ切りを狙う。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ