【箱根駅伝】早大、平主将ら経験者4人を往路に配置「ウチは不器用なので」

2016年12月30日7時0分  スポーツ報知
  • 早大駅伝チーム

 来年1月2、3日に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの10区間と補欠6人の選手登録を発表した。

 早大は、3区に平主将を配置するなど、往路に経験者4人をエントリー。相楽豊駅伝監督(36)は「ウチは不器用なので隠しようがなかった」と苦笑いした一方で、調整は順調な様子。全日本大学駅伝では7区までトップに立ち、能力の高さを見せていただけに「今度は10区間すべてで1秒を絞り出していきたい。往路が終わって2分差を持っていたら総合優勝ができる」と自信を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ