【箱根への道】東海大、来年度は高校駅伝1区1~3位がそろって入学

2017年2月1日15時5分  スポーツ報知
  • 東海大の来年度のスローガンが記されたポスター

 東海大には来年度も“スーパールーキー”が加わる。

 昨年の全国高校駅伝でエースが集う1区で区間賞の名取燎太(長野・佐久長聖)、2位の塩沢稀夕(三重・伊賀白鳳)、3位の西田壮志(熊本・九州学院)がそろって入学予定。前年度の同1区で見ると、上位10人のうち当時3年と2年の選手を合わせて計7人の進路が東海大に集中している。

 毎春、全国の強豪高校の約10校200人を招き、合宿している両角監督は「合宿で東海大の良さを知ってもらうなど地道な活動をしています」と選手勧誘の“勝因”を説明する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ