【箱根への道】創価大・セルナルド、卒業を区切りに引退 地元に帰って「健康に貢献」

2017年3月29日15時0分  スポーツ報知
  • 箱根駅伝4区で激走した創価大のセルナルド(右、左は3区・蟹沢)

 春、卒業シーズン。学生ランナーとしてトップレベルの1万メートル28分台の記録を持つ2人の選手は競技を引退し、新たな道を歩むことを決断した。箱根駅伝でV3&3冠のゴールテープを切った青学大の安藤悠哉主将はスポーツ用品メーカーのニューバランスジャパンに入社。ランナーとしての夢は盟友の一色恭志に託し、自身は「カリスマ営業マン」を目指す。創価大のセルナルド祐慈主将は地元の静岡・富士宮市役所に就職し、市民の健康のために働くことを熱望している。

 2017年箱根駅伝の名シーンのひとつが、創価大セルナルドの“背中ポン”だ。4区13・2キロ地点。右足底痛の影響で苦戦する駒大のエース中谷圭佑(4年)を抜き去る際「何やってんだよ!」とゲキを飛ばしながら背中を軽くたたいた。

 3年時にセルナルドが駒大の夏合宿に“武者修行”して以来、親交を深め、そして、中谷の実力に敬意を持っていた。しかし、今回、50秒前に平塚中継所をスタートした中谷がまさかのブレーキで追いついた。「体が勝手に動いてしまった」と“背中ポン”を振り返る。ただ、レース後、冷や汗をかいた。「主務の笹原(広一、4年)が『失格になるかもしれない』と…。僕は感情的に行動してしまったけど、さすが主務は冷静だった。申し訳ない」。結果的に助力、妨害にも当たらないとして、おとがめなし。創価大は初出場だった前々回の20位から12位へ躍進した。

 箱根でドラマを演じたナイスガイは卒業を区切りに競技を引退。「陸上は大学まで、と入学した時から決めていた。卒業後は富士宮市役所の職員として市民の方々の健康に貢献する仕事がしたいですね」とすがすがしい表情で話す。

 1、2年時に区間賞を獲得した中谷は最後の箱根路で区間18位。「情けなかったけど、うれしくもあった」とセルナルドの気持ちに感謝する。中谷は傷を癒やし、強豪の日清食品グループで世界を目指す。「僕が偉そうに言える立場ではないけど、ずっと順調だった中谷にとってこの悔しさがプラスになると思う。陰ながら応援し続けます」。セルナルドは“戦友”に心からのエールを送った。

 ◆セルナルド祐慈(せるなるど・ゆうじ)1995年3月2日、静岡・富士宮市生まれ。22歳。大富士中1年から陸上を始める。富士宮西高3年時に全国高校総体3000メートル障害13位。13年に創価大経営学部に入学。箱根駅伝は2年5区20位、4年4区5位。1万メートルベストタイムは28分55秒57。172センチ、60キロ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)