【箱根駅伝】青学大にドラマ「陸王」から激励横断幕 原監督「陸王の影響かな」

2018年1月4日6時0分  スポーツ報知
  • 青学大チームに届けられたTBSドラマ「陸王」の役者、スタッフによる寄せ書きの入った横断幕

 ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 往路2位の青学大が東洋大を逆転し、総合10時間57分39秒で13年ぶり6校目の総合4連覇を達成した。

 原監督が監修したTBS系ドラマ「陸王」の俳優、スタッフから激励の横断幕が、昨年12月30日にチームの元へと届けられた。池井戸潤さん(54)原作の人気ドラマに「陸上総監督」として参加。白い幕には「走れ青学! 必勝箱根! チーム陸王より」の力強いエールに加え、出演者らのメッセージが記されていた。

 人気俳優・竹内涼真(24)は「最後は気持ち、いけー青学」と後押し。阿川佐和子(64)は「行け~! 勝利を信じろ! よく寝なさい[ハート]」と愛情を込めた。日大OBで元箱根ランナーの和田正人(38)は「楽しんだモン勝ち!」と助言。優勝会見で熱弁を振るった原監督は「陸王の影響かな」と闘魂を受け取っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)