琴奨菊、競輪トレで綱へ駆ける!驚異の身体能力にトッププロ脱帽「正直ナメてた」

2016年2月5日6時0分  スポーツ報知

 大相撲の大関・琴奨菊(32)=佐渡ケ嶽=が4日、千葉市の千葉競輪場で日本競輪選手会千葉支部のトップ選手たちと合同トレーニングを行った。98年名古屋場所の3代目・若乃花以来の日本人新横綱誕生がかかる春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)に向け稽古を開始。持久力が求められる固定式自転車トレや、マウンテンバイクでバンクを疾走した大関の身体能力に、本職のトップレーサーも太鼓判を押した。

 琴奨菊の驚異の持久力に、競輪界のトップ選手が舌を巻いた。固定式自転車での1キロ走トレ。一般人や素人なら完走も難しいという過酷なメニューも「きつい!」と叫びながら走り切った。競輪界の最高峰レースである09年グランプリ覇者で、同年賞金王にも輝いた海老根恵太(38)は「度胸も体力もすごい」とびっくり。周囲で見守った競輪選手たちも「正直ナメてました」と脱帽した。

 初Vを果たした初場所後、休んでいた稽古をこの日から再開。午前は千葉・松戸市の部屋で体を動かし、午後からは1月上旬以来、2度目の競輪場トレを敢行した。佐渡ケ嶽部屋の力士や、関脇・嘉風(33)=尾車=ら計8人が参加。「ライバルは多ければ多いほどモチベーションも上がるから」と日本競輪選手会千葉支部の選手ら20人弱と笑顔で汗を流した。

 昨夏から指導を受ける塩田宗廣トレーナー(38)との肉体改造が実を結んでいる。179センチ、180キロの巨体。またがるマウンテンバイクがおもちゃに見えるほどだったが、3キロ走では最大傾斜24度のバンクを難なく上るなど、1周500メートルのコースを疾走した。競輪選手は「バランス感覚もすごい」と絶賛。ケトルベルやタイヤ引きなど、地道に続ける体幹トレで培った強靱(きょうじん)な肉体が躍進を支えている。

 18年ぶりの日本人新横綱誕生のかかる春場所へ向け、まずは土台づくりだ。自転車トレも「厳しい稽古に入るので、その持久力をつけるため」と説明する。日本中の期待は自覚しているが「流されず自分のペースでやること。スタートすれば、おのずと向かっていく」とマイペース調整を宣言。横綱昇進という大きな目標に向け、順調な再スタートを切った。(秦 雄太郎)

 ◆力士の主な他競技トレーニング 横綱・白鵬は12年2月にプロ野球・巨人の宮崎キャンプに参加。第69代横綱にちなんで背番号「69」のユニホームを着用しフリー打撃、投球練習などを行った。14年5月には玉ノ井親方(元大関・栃東)が、浦和市のロッテ2軍練習場に弟子を連れて訪問。四股踏みを伝授するなどして交流した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)