白鵬、正代に突き落とされ敗れる…4横綱時代初日は2横綱に土

2017年3月12日18時19分  スポーツ報知
  • 白鵬(左)は正代に突き落としで敗れた

 ◆大相撲春場所 初日 ○正代(突き落とし)白鵬●(12日・エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬(31)=宮城野=が、結びの一番で小結・正代(25)=時津風=に突き落としで敗れる波乱が起きた。稀勢の里(30)=田子ノ浦=が新横綱に昇進し「4横綱新時代」の初日。横綱・日馬富士(32)=伊勢ケ浜=も関脇・琴奨菊(32)=佐渡ケ嶽=に敗れ、4横綱中2人が黒星発進となった。

 白鵬は正代から突き放されて十分な体勢をとれないまま、いなされ、突き落とされ、両手をばったりと土俵についた。客席からは大歓声が上がり、初日から座布団が舞った。

 正代は「自分の相撲を取れたんじゃないかと思います、当たり負けないことを一番意識しました。押し込まれ気味だったんで押し返そうと頑張りました。とてもうれしいです」と喜んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)