昨年のアマ横綱・矢後、勝ち越しに王手!琴太豪を押し出しで破り3勝1敗 

2017年5月20日14時44分  スポーツ報知
  • 矢後(左)が琴太豪を押し出す

 ◆大相撲夏場所7日目(20日・両国国技館)

 大相撲夏場所7日目は20日、東京・両国国技館で行われ、昨年のアマ横綱で幕下15枚目格付けだしの矢後(22)=尾車=が琴太豪(佐渡ヶ嶽)を押し出しで破り3勝1敗。勝ち越しに王手をかけた。

 修正力が光った。「立ち合いは良かったですけど、引きそうになり、それではだめだと思って前に出ました」。最後は187センチ、172キロの大きな体から思い切り左手を伸ばして琴太豪を押し出した。

 3番目で元幕内の明瀬山(木瀬)に力を差を見せつけられて初黒星。「気持ちの切り換えは苦手。いろいろと考えてしまうタイプです」という矢後だが、部屋に戻ると中大の先輩でもある兄弟子・豪風から「気にするな。こういうこともある。これからの長い相撲人生、負けることは何度もある」とアドバイスされて気持ちが楽になったという。

 控えの通路では学生時代のライバルでもあった水戸龍(錦戸)と一緒になり、短い言葉を交わすことによって「緊張感も薄れました」という。館内の入り口では師匠の尾車親方(元大関・琴風)が仁王立ちして熱い視線を送った。目標にしていた勝ち越しまであと1番。「とにかく勝ち越したい。1日1日やっていくだけです」と気合を入れていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ