友風、松山押し出し2勝1敗も反省「途中で引いたら上にいって勝てない」

2017年9月14日11時38分  スポーツ報知

 大相撲秋場所5日目は14日、両国国技館で行われ、序二段の有望株、東15枚目・友風(22)=尾車=が西14枚目・松山(20)=出羽海=を押し出しで破り、2勝1敗とした。

 仕切り直しの白星だ。2番目の有明(伊勢ノ海)との相撲が大いなる反省材料だ。「立ち合いもそうですけど、途中で引いたのがダメですね。そんなことをしていたら、上にいって勝つことはできないと思います」。松山との一番はしっかり相手を見て突き放し。最後まで前に出て押し出した。前相撲からの連勝は「11」で止まったが、「少しでもプラスに考えて自分の相撲を取ります」と出直しの勝ち星に納得していた。

 今場所から関脇・嘉風の付け人を務めている。「集中の仕方、気持ちの持って行き方は本当にプロだと思います。すべてが勉強になります」と話していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)