新入幕の竜電に甲州印伝の化粧まわし「渋い感じが自分にピッタリ」

2018年1月11日20時31分  スポーツ報知
  • 地元後援会から贈られた竜電の化粧まわし
  • 地元での祝賀会であいさつする竜電

 大相撲初場所(14日初日・両国国技館)で、山梨県出身力士としては1988年春場所の大乃花以来、戦後7人目となる新入幕を果たした竜電(27)=高田川=の祝賀会が11日、甲府市内で行われた。

 昨年11月に発足した後援会からは、地元を代表する伝統工芸・甲州印伝を使用した化粧まわしが贈られた。竜のうろこをイメージしたもので、「渋い感じが自分にピッタリ」と笑顔を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ