両陛下観戦取りやめ…協会から「昨今の情勢を踏まえて辞退したい」と申し入れ

2018年1月12日7時0分  スポーツ報知

 宮内庁の山本信一郎長官は11日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下が昨年まで3年連続で観戦されている大相撲初場所について、今年は取りやめとなった、と明らかにした。昨年10月に日本相撲協会から招待を受け、検討していたが、元横綱・日馬富士関による暴行問題などを受け、今週に入って協会から「昨今の情勢を踏まえて辞退したい」と申し入れがあった。

 山本長官は「両陛下も残念に思っておられるだろう」と話した。日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「暴力問題に加えて新たな不祥事を起こしてしまったことから、1月場所の行幸啓をご辞退申し上げたいとお伝えしました。誠に申し訳なく、おわび申し上げます」とのコメントを発表した。

 両陛下の初場所観戦は慣例となっているが、天覧相撲の辞退は直前に力士暴行事件が発覚した08年初場所以来10年ぶり。その後も角界の不祥事が相次いだ際に数年にわたって観戦を見合わせた時期もあった。

 15年からは3年連続で観戦。相撲協会広報部では「力士の励みになり、(恒例で)1月は来ると思っている人もいる。残念です」とし、夏場所以降の可能性については「今後の情勢を見て。一番見て頂きたい方ですから」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)