相撲協会損害賠償訴訟、元顧問・小林慶彦氏側は争う姿勢

2018年2月8日7時30分  スポーツ報知

 日本相撲協会が在職中に背任的行為があったとして、元顧問の小林慶彦氏と同氏が代表取締役を務めたコンサルティング会社に約1億6500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が7日、東京地裁で開かれ、協会側の代理人弁護士によると、小林氏側は争う姿勢を示したという。

 訴状には小林氏が顧問の立場を悪用し、両国国技館の改修工事などを巡り、施工業者から8000万円を受け取ったなどとの指摘があった。協会の担当者は「訴状通り。淡々とやっていく」と述べた。小林氏側の具体的な主張は明らかになっていない。小林氏は別件で解雇無効として地位確認を求める訴訟を起こし、協会と係争中。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)