栃ノ心、堂々「大関」宣言

2018年2月11日7時0分  スポーツ報知
  • ニノ夫人の写真をバックにトークショーに臨む栃ノ心(右)

 第51回NHK福祉大相撲が10日、東京・両国国技館で開催され、初場所でジョージア出身で初、平幕では6年ぶりの優勝を果たした幕内・栃ノ心(30)=春日野=がトークショーに参加した。「もう一つ上に行きたい。大関になれるように頑張ります」。来場した4186人の前で、大関昇進を狙うことを宣言。関脇復帰が確実な春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)では、名門部屋からは栃光以来、52年ぶりとなる地位への足固めをすることを誓った。

 トークショーでは、サプライズで母国にいるニノ夫人の手紙が読み上げられた。「あなたの勝利を1分1秒も疑ったことがない」などメッセージを聞くと、「こういうのはうれしい。でも直接言ってくれないんだ…」と館内を笑わせた。この日の収益金と寄付などで福祉施設や団体に車両6台が寄付される。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)