暴行被害の貴ノ岩が連勝「必死ってことだけを頭に入れています」この日は正面から入場

2018年3月12日15時58分  スポーツ報知
  • 貴ノ岩(左)は志摩ノ海を押し出しで破る
  • 正面から入場した貴ノ岩

 ◆大相撲 春場所2日日 ○貴ノ岩(押し出し)志摩ノ海●(12日・エディオンアリーナ大阪)

 大相撲春場所2日目が行われた12日、元横綱・日馬富士関(33)から暴行被害を受け、3場所ぶりに本場所復帰した十両・貴ノ岩(28)=貴乃花=が連勝した。志摩ノ海(木瀬)を押し出し。通算600回目の出場を白星で飾り、初日に続き観客から盛大な拍手を浴びた。

 前日はルール破りの裏口から会場に入り、注意を受けていたがこの日は午後12時50分に堂々と正面から入場。「久しぶりの土俵の感覚をつかんでいってもらえれば」とこの日の朝稽古後に語っていた師匠の貴乃花親方(元横綱)の期待にこたえた形となった。

 支度部屋では17分間の“長風呂”の後で待ちかまえた報道陣には背を向けてまげを直した。帰り際には「必死ってことだけを頭に入れています」とポツリ。ファンからの温かい声援に関しては、「ハイ一番一番、頑張ります」と話して迎えの車に乗り込んだ。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ