大鵬孫で貴闘力三男の納谷が序ノ口2連勝

2018年3月13日9時58分  スポーツ報知
  • 綿谷(右)を送り出しで破った納谷

 大相撲の春場所3日目が13日、エディオンアリーナ大阪で行われ、昭和の大横綱・大鵬(故人)の孫で元関脇・貴闘力の三男、東序ノ口18枚目・納谷(18)=大嶽=が西15枚目・綿谷(荒汐)を送り出して2連勝を決めた。

 立ち合いから圧倒。迫力ある突きで綿谷を後ろ向きにして送り出した。前日の一番相撲では「メチャクチャ緊張しました」と話していたが、2番相撲では余裕の表情。それでも「まだ立ち合いが合いません」と不満そうだった。今場所の目標は「全部、勝つことです」と明言。大器が堂々と白星を2つ積み上げた。

 1番相撲で納谷にプッシュ&プッシュで突き飛ばされた西16枚目・宇瑠寅(28)=式秀=は2番相撲で初白星。「中に入るか相手の後ろに回るかを考えていました。うれしいです」。先場所の休場の原因になった左足首の手術の影響はなく、宇瑠寅らしく動き回ってつかみ取った白星だ。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ