貴乃花親方に相撲協会が出勤要請 4日目も現れず

2018年3月14日22時41分  スポーツ報知
  • 貴乃花親方

 春場所の欠勤を初日から続けている大相撲の貴乃花親方(45)=元横綱=に、出勤要請を出したことを14日、日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)が明かした。

 協会によると、2日目の12日に貴乃花親方から連絡が入り、元横綱・日馬富士関の暴行事件で被害者となった弟子の貴ノ岩に関して、医師と連絡を取る必要があり、役員待遇委員として役員室に常時滞在することは極めて難しい旨が伝えられたという。だがその主張を「出勤しない理由にはならない」と協会側は同親方に連絡。3日目の13日夜に再度、協会への返答があったが「体育館(エディオンアリーナ大阪)で柔軟に対応する」という趣旨で、役員室へ常駐する意思は示されていなかったという。

 これを受けて協会側は欠勤を認められないと判断。「今後出勤するように理事長名で指示します」(春日野部長)とした。また貴乃花親方とは12日の段階から電話がつながらず、FAXでの文書のやり取りで連絡をとっているという。同親方は1月に初の理事解任処分となった際に、協会からの電話に出ることも求められていた。

 13日夜には部屋の公式サイトを更新。全休するとは話しておらず、早ければ14日にも、出勤する意向を明かしていた。

 14日朝には報道陣に対応。

 ―出勤するか?

「差し控えます」

―貴ノ岩の状態を見る?

 「そうですね」

 このように話していたが本場所には結局現れず。欠勤は4日に伸びた。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ