栃ノ心、ジョージアへ凱旋 大統領と会談で相撲の普及を要望へ

2018年6月4日7時0分  スポーツ報知
  • 小野川親方の襲名披露パーティーに出席した栃ノ心(左)と御嶽海

 夏場所後に大関に昇進した栃ノ心(30)=春日野=が3日、成田発の航空機で母国ジョージアに約1年ぶりに帰国した。出発前に東京・両国国技館での小野川親方(元幕内・北太樹)の襲名披露パーティーに出席し「いつもと違うから緊張する。スケジュールいっぱいで一日も休みがない」と大関になっての凱旋に背筋を伸ばした。

 帰国中の5日にマルグベラシビリ大統領にも対面する。「前の大統領(サアカシュヴィリ氏)には会ったことがあるけど今の大統領は初めて会う。まだジョージアに土の土俵はない。いろんな話をしたい」と夏場所中から希望していた相撲の普及を要望。昇進の報告だけでなく、「お土産もある。中身? 秘密」とぬかりなく、前日は午前2時過ぎまで荷造りに没頭した。

 帰国中は弟・ラシャさんの結婚式にも出席予定で12日に再来日する。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ