【フィギュア】本田真凜、逆転V 日本女子では佳菜子以来7人目 

2016年3月20日6時0分  スポーツ報知

 ◆フィギュアスケート世界ジュニア選手権最終日(19日、ハンガリー・デブレツェン)

 女子フリーは本田真凜(14)=大阪・関大中=がショートプログラム(SP)2位から逆転し、日本女子では2010年の村上佳菜子以来7人目の優勝を飾った。フリー1位で、SPに続き自己ベストを更新する126・87点をマーク。合計192・98点はこれまでの自己最高得点を11・76点更新する高得点だった。樋口新葉(15)=東京・開智日本橋学園中=は183・73点で昨年大会に続き3位、白岩優奈(14)=京都醍醐ク=は171・59点で4位。

 初出場の14歳が軽やかに、そして華麗に舞った。本田はフリーで自己ベストを3・57点更新する会心の演技を終えると激しくガッツポーズした。「目標は表彰台」と意気込んだ大舞台で、日本女子として6大会ぶりにジュニア世界一となり「すごく楽しんで滑れた」と、充実感に浸った。

 「本当に緊張しなかった」という。3回転ルッツやサルコー―トウループの2連続3回転などジャンプを全て成功。「今までで一番のフリーができた」と振り返った。地道な努力が苦手であることを自認する。だが、今回は「練習量を増やした。すごく頑張った」と、自信を持って臨んだ。人気子役の妹・望結(11)の存在が刺激になっている。「望結がいるから今の自分がある。望結が頑張っているんだから、お姉ちゃんとして頑張らなきゃって思う」と、日頃から感謝の言葉を口にする。

 過去の優勝者に浅田真央(05年)、羽生結弦(10年)らがいる大会に、名を刻んだ。5年続いていたロシア勢の優勝も止めた。ジュニアグランプリ(GP)ファイナルで3位に終わった悔しさを晴らし、16歳で迎える平昌五輪へ楽しみが広がった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)