中村が2連覇「五輪少し見えた」 来季へ手応え

2017年3月19日8時0分  スポーツ報知
  • 2連覇を決めた中村

 ◆ノルディックスキー伊藤杯大倉山ナイタージャンプ大会(18日、札幌・大倉山ジャンプ競技場=HS137メートル、K点123メートル)

 男子は1回目に最長不倒距離の139・5メートルを飛んだ中村直幹(20)=東海大=が273・7点で2連覇した。

 今季最終戦でも勢いは止まらなかった。強い追い風を受けたという2回目は「シーズンラストに試練が来たかと思ったけど、最低限のジャンプはできた」。不利な条件で130・5メートルまで飛距離を延ばし、佐藤幸椰(21)=雪印メグミルク=の追い上げをかわした。

 昨季は今大会で初タイトルをつかんだ。新成人となった今シーズンはHBC杯、冬季アジア大会、宮様大会など通算7勝(団体戦含め)と好調をキープ。最後は星空の下で自信を固め、「オリンピックが少し見えた。挑戦できる気がする」と来季への手応えを口にした。(石井 睦)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)