コメント力は秀逸!本田真凜の人を引きつける不思議な魅力

2017年3月19日6時0分  スポーツ報知
  • 会見で笑顔を見せる本田(左端)
  • 本田真凜のフリーの演技

 【台北(台湾)18日=高木恵】女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の本田真凜(15)=関大中=は133・26点で日本人史上5人目&最年少での200点超えとなる合計201・61点で2位。日本人初の連覇は逃したが、日本歴代3位の高得点で平昌五輪のエースへ名乗りを上げた。ロシアのアリーナ・ザギトワ(14)が自身のジュニア記録を更新する208・60点で優勝した。

 浜田コーチも「華がある」とたたえる表現力が真凜の武器だ。指先まで神経が行き届いた繊細な動きはひときわ目を引く。何を意識しているのかをたずねたところ「エコです。余計な動きをしないように。疲れないように」。ちゃめっ気たっぷりに真凜流の極意を明かしてくれたことがある。

 コメント力はいつも秀逸だ。この日の演技直後は「一瞬すごくうれしかったけど、何分か後に悔しい気持ちに変わって、半分半分くらいの気持ち」と涙ぐんだ。その後、囲み取材に現れた。話しているうちに「なんか今、吹っ切れました」と急に笑顔になった。人を引き付ける不思議な魅力がある真凜から、これからも目が離せそうにない。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)