本田真凜「200点超えでも負けは負け」複雑胸中…一問一答

2017年3月19日6時0分  スポーツ報知
  • 会見で笑顔を見せる本田(左端)
  • 本田真凜のフリーの演技

 【台北(台湾)18日=高木恵】女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の本田真凜(15)=関大中=は133・26点で日本人史上5人目&最年少での200点超えとなる合計201・61点で2位。日本人初の連覇は逃したが、日本歴代3位の高得点で平昌五輪のエースへ名乗りを上げた。ロシアのアリーナ・ザギトワ(14)が自身のジュニア記録を更新する208・60点で優勝した。

 ―目標としていた200点超え。

 「200点超えでも負けは負け。自己ベストを10点くらい上げることができたけど、すごく今は複雑な気持ち」

 ―ノーミスの演技。

 「ショートもフリーもノーミス券を残すって言っていて、そのノーミス券をこういう大きな舞台で使うことができて良かった。試合後、我に返ってびっくりした。たくさんの方から応援していただいて申し訳ない気持ちもあるけど、自分のことはできたと思う」

 ―来季は。

 「ショートもフリーも年に1回ずつノーミスができる選手になりたい(笑い)」

 ―平昌五輪へ向けて。

 「どういう曲にしたいなっていうのは何個かあったけど、自分でこれって思った曲にSPはもう決めた。フリーはこれから決めたい」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ