SP終え眠れなかった…羽生に聞く

2017年4月22日6時4分  スポーツ報知
  • 4回転ジャンプを決める羽生

 ◆フィギュアスケート 国別対抗戦 第2日▽男子フリー(21日、東京・代々木第一体育館)

 男子フリーで世界選手権金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=は4回転5本のプログラムに挑戦し、世界初となる後半3本を含む4本を成功させた。3戦連続の大台突破となる200・49点で1位。来季の平昌五輪へ収穫を手にし、最終戦を終えた。宇野昌磨(19)=中京大=は198・49点で2位。順位点によるチーム得点は合計81点で日本は1位を守った。22日は女子フリーとペアフリーが行われる。今大会はSP、フリーごとに、順位による得点で競われる。

 ◆羽生に聞く

 ―4回転トウループからの3連続。

 「初めて試合でやった。ある程度かたちになったので満足している」

 ―SPからどう切り替えた。

 「今回の試合がフリーとSPを合計して競うものではないことを自分に言い聞かせた。でも(合計点の)自己ベストを更新するには何点必要かを考えた時に、(4回転)ルッツでも跳ばなきゃならないんじゃないかって笑えてきた」

 ―フリーの4回転ループは成功。

 「SPのループは、目をつぶれば思い返せるくらい脳裏に焼き付いている。自分が見た光景、周りからの光景が出てくる度に眠れなかった」

 ―最後の3回転ルッツをトリプルアクセルに変えたが1回転半に。

 「4回転5本の構成で最後にアクセルを跳ぶ練習は全くしていなかった。もっと体力をつけないといけない」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)