羽生、キスアンドクライでピンクのリボン頭に付けて照れる

2017年4月22日6時7分  スポーツ報知

 ◆フィギュアスケート 国別対抗戦 第2日▽男子フリー(21日、東京・代々木第一体育館)

 男子フリーで世界選手権金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=は4回転5本のプログラムに挑戦し、世界初となる後半3本を含む4本を成功させた。3戦連続の大台突破となる200・49点で1位。来季の平昌五輪へ収穫を手にし、最終戦を終えた。宇野昌磨(19)=中京大=は198・49点で2位。順位点によるチーム得点は合計81点で日本は1位を守った。22日は女子フリーとペアフリーが行われる。今大会はSP、フリーごとに、順位による得点で競われる。

 得点を待つキスアンドクライで日本が1つになった。演技を終え、得点を待つ間、羽生と宇野はキラキラ輝くピンクのリボンを頭につけ、照れくさそうに笑った。羽生は最後の宇野の演技を「日本」と書かれたハチマキをつけて応援。得点が出ると、笑みを浮かべ「昌磨くん、申し訳ない!」と頭を下げ、なごやかな雰囲気に包まれた。女子の三原や樋口は試合がなかったが、最後まで黄色いバルーンを叩いて声援を送った。一致団結した日本が首位に立った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ