宇野、平昌は荒川“金”の名曲で勝負!

2017年5月2日7時0分  スポーツ報知
  • 宇野昌磨

 男子フィギュアスケート世界選手権銀メダルの宇野昌磨(19)=中京大=が1日、平昌五輪イヤーの来季のプログラム曲を自身のホームページで発表した。フリーは2季ぶりに「トゥーランドット」。ショートプログラム(SP)はビバルディの四季の「冬」を選んだ。

 4月の世界選手権後に山田満知子、樋口美穂子の両コーチらと相談し、シニア1年目の15―16年シーズンに使用した「トゥーランドット」を勝負曲に選んだ。「シニア1年目で滑ったこの曲は僕にとってすごく思い出の曲なのと、とても好きな曲なので今からワクワクしています。以前に比べ成長できたところをお見せできたら」とコメントした。

 「トゥーランドット」はトリノ五輪で荒川静香さんがフリーで使用し、金メダルを獲得した曲。SPの振り付けにはすでに着手しており、フリーは5月に国内で行う予定。これまで通り樋口コーチが担当する。夏のアイスショーで披露することになりそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ