本田真凜ピカチュウになった!今季SP曲も初披露

2017年8月5日17時55分  スポーツ報知
  • エキシビションでピカチュウのコスチュームを身にまとい演技する本田真凜

 女子フィギュアスケートで平昌五輪出場を目指す本田真凜(15)=関大高=が5日、日光霜降アイスアリーナで開催の「プリンスアイスワールド in NIKKO」に出演。今季ショートプログラム(SP)のタンゴ「ジェラシーとラ・クンパルシータ」を初披露した。「初めてこいう曲調のプログラムを使うので、挑戦の部分がある。もっともっと力強さを出して行けるところがあると思うので頑張っていきたい」と話した。

 四季をテーマにしたアイスショー。ハロウィンコーナーでは「ピカチュウ」に仮装しリンクを駆け回った。「ピカチュウが好きなので、自前で持ってきた。あまりない機会なのでピカチュウで滑りたくて」。ほぼ着ぐるみ状態ながらビールマンスピンをバッチリと決め、観客を沸かせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)