三原、200点超えならず2位…最後の3回転をミス

2017年9月25日7時0分  スポーツ報知

 ◆フィギュアスケート オータム・クラシック最終日(23日、カナダ・モントリオール)

 【モントリオール(カナダ)23日=高木恵】男子フリーは今季初戦の羽生結弦(22)=ANA=がジャンプミスを連発し、155・52点でフリー5位、合計268・24点で2位に終わった。前日のショートプログラム(SP)で世界最高得点を記録し首位に立ったが、177・87点、合計279・07点のハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転を許した。女子フリーは三原舞依(18)=神戸ポートアイランドク=が132・84点、合計199・02点で2位。

 衣装をラッキーカラーの青に新調した三原の最後の3回転サルコーは、2回転になった。「ミスなく最後まで演技することができなかったことが悔しい。感じていないところで緊張があった」。目標としていた200点超えはならず、肩を落とした。

 シニア1年目の昨季は四大陸選手権で初出場優勝を飾るなど、大きく飛躍を遂げた。「今は怖さがある」と不安を口にする。「去年ずっとノーミスできていて、大きな大会にも出させていただいた。2年目は同じようにならないかもというのがある。怖さは自分の力で乗り越えていきたい」。2枠を争う平昌五輪代表入りへ、自分を信じて戦い抜く。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ