伊東大貴、小林潤志郎がW杯ジャンプへ出発

2017年11月15日6時0分  スポーツ報知
  • W杯へ向け札幌をたった伊東(右)と小林

 スキー・ジャンプのW杯開幕(18~19日、ポーランド)に向け、雪印メグミルクの伊東大貴(31)、小林潤志郎(26)が14日、札幌を出発。15日に東京から経由地のフィンランドに向かう。今月上旬の札幌3連戦で優勝、準優勝2回と勢いに乗る小林は「不安もあるが楽しみもある。(平昌五輪に向け)大事なシーズン。まずはW杯でトップ10を目指していく」と意気込みを示した。

 下からの強烈な突き上げに、伊東は「(五輪代表争いで)自分の状況は厳しくなるけど、チームとしては盛り上がるし、平昌に向けて良い材料」と底上げを歓迎。札幌3連戦では表彰台を逃したものの、「先を見据えて本格シーズンへの調整ととらえていた。平昌でメダルを取れるよう、しっかり準備したい」。照準はW杯のシングル。ベテランはここから調子を上げていく。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ