メドベージェワがファイナル欠場 宮原知子が繰り上がり

2017年12月1日22時23分  スポーツ報知
  • 宮原知子

 女子フィギュアスケートの平昌五輪の金メダル最有力候補のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が、右中足骨骨折で3連覇がかかるGPファイナル(7~10日、名古屋)を欠場することが1日、決まった。国際スケート連盟(ISU)が発表した。

 7番手だった宮原知子(19)=関大=が繰り上がる。GPシリーズ上位6人が進出するファイナルには日本から樋口新葉(16)=日本橋女学館高=、宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が出場を決めていた。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ