男子スピードスケート、出場枠争い影響も…ロシア五輪除外問題

2017年12月7日7時30分  スポーツ報知

 IOCによる平昌五輪からのロシア選手団除外を受け、日本スケート連盟の湯田淳スピード強化部長が米ソルトレークシティーで取材に応じ、スピードスケートでは男子の出場枠争いに大きな影響を及ぼす可能性があるとの見解を示した。

 五輪の各国・地域の出場枠は、ロシアも参加して現在行われているW杯前半戦4大会の成績によって割り振られるが、その成績や出場枠の扱いについては現時点で不透明だ。世界トップクラスの競技力を誇る日本女子は他国の成績に左右される部分は少ないが、湯田氏は「特に男子1万メートル。順位が繰り上がるかどうかで、五輪の枠取りが変わってくる可能性がある」と語った。

 同種目は規定を満たした上位12人に出場枠が与えられる。日本は第3戦終了時点で、土屋良輔が補欠1番手。ロシア選手が10位にいる。繰り上げで枠を獲得できた場合、男子の全体の派遣人数が8から10に増えるため、メダル獲得に向けた戦略の幅が広がる。年末には国内の代表選考会を控えており、「選考にも影響してくる。ISU(国際スケート連盟)には早めに見解を出して欲しい」と訴えた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)