宮原知子、SP第1滑走に登場しベストに迫る74・61点

2017年12月8日19時16分  スポーツ報知

 ◆フィギュアスケート グランプリ(GP)ファイナル 第2日(8日、名古屋市ガイシプラザ)

 女子のショートプログラム(SP)が行われ、宮原知子(19)=関大=が第1滑走で登場した。

 昨年の同大会で記録した自己ベスト74・64点に迫る、今季自己ベスト74・61点の高得点をマークした。

 昨季後半は左股関節の疲労骨折で休養し、NHK杯で11か月ぶりに実戦復帰したばかり。2週前のスケートアメリカで復活優勝し、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)の負傷欠場に伴う繰り上がりでファイナルに進出した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ