「スマイルジャパン」のDF床がメダルを約束

2018年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • 平昌五輪に向け、社員の激励を受けたアイスホッケーの床亜矢可(右)とショートトラックの菊池悠希

 平昌五輪アイスホッケー女子代表「スマイルジャパン」のDF床亜矢可(とこ・あやか、23)が12日、都内で所属先のANAが開いた壮行会に出席。両親の夢を次々にかなえた孝行娘が、今度は自身の夢、メダル獲得を狙う。

 壮行会には、床の母・栄子さん(50)、代表FWとしてともに平昌に臨む妹の秦留可(はるか、20)=法大=らが激励に駆けつけた。あいさつに立った母は「幼い頃の夢はCAだったが、全日空の試験は通らず、かなえられなかった」と告白。父・泰則さんはアイスホッケーの元代表DF。ソチ五輪は亜矢可だけが出場したが、姉妹で五輪が床ファミリーの悲願だった。「2人の夢を同時にかなえてくれた亜矢可を誇りに思う」と、栄子さんは目尻を下げた。

 CAではないものの、人事部で働く亜矢可。ソチでは5戦全敗で最下位だったが「今回はメダルを取りたいと思って準備してきた。格段に成長したと思うので、その違いを発揮できたら」と、リベンジを誓った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ