平昌パラリンピック、9日開幕 日本ソチ6個超えメダル狙う

2018年3月8日7時30分  スポーツ報知

 平昌冬季パラリンピックは9日、韓国北東部の平昌の五輪スタジアムで開会式を行い、10日間の熱戦が幕を開ける。7日は聖火リレーがアルペンスキーとスノーボード会場のある旌善で行われて初めて競技会場エリアに入り、開幕の足音が迫ってきた。

 前回ソチ大会の6個を上回るメダル獲得を狙う日本勢は、メダル量産が期待されるアルペンやバイアスロンの選手らが会場での練習でコースを確認。パラアイスホッケーは練習試合を行って開幕に備えた。スノーボードの選手らは8日に到着する。

 大会は18日まで6競技80種目でメダルを争う。過去最多となる49か国・地域から選手がエントリー。特別枠で冬季大会初出場となる北朝鮮選手団はこの日韓国入り、平昌選手村に到着した。国ぐるみのドーピング問題を抱えるロシアは「中立のパラリンピック選手(NPA)」として参加する。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ