カー娘、地元・北見市中心部で21日に銅メダルパレード

2018年3月8日6時0分  スポーツ報知
  • 北見市中心部

 平昌五輪カーリング女子で銅メダルを獲得した日本代表「LS北見」の祝賀パレードが、地元・北海道北見市で21日に開催されることになった。メンバーの表敬訪問を受けた辻直孝市長が7日、市内中心部で開催する意向を伝えた。詳細なルートは未定だが、正午過ぎからJR北見駅近くの商店街などを回る予定。その後、市民会館ホールで報告会を開く。

 北見市によると、平成に入ってから個人、団体を祝うパレードを行うのは初めてだという。早くも問い合わせが数件あり、人口約12万人(2月末現在)の街は大いに沸きそうだ。

 この日、銅メダルを首にかけて表敬訪問したLS北見主将の本橋麻里(31)、スキップ藤沢五月(26)ら5人は、花束を受け取り辻市長と懇談した。祝賀パレードの開催を伝えられると、メンバーは謝意を示した。表敬訪問後、メンバーたちは口々に「皆さんに自分のことのように応援してもらってすごくうれしい。悔しい思いもしたので、もっと強くなりたい」「『おめでとう』や『ちゃんと休んで、また頑張ってね』という温かい声を多く掛けてもらい、今後の励みになる」などと述べた。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ