「遼太君の花壇」悲しい撤去…川崎中1殺害から11か月

2016年1月31日6時0分  スポーツ報知

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村遼太君(当時13歳)が殺害された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格とされる無職少年(19)の裁判員裁判が、2月2日から横浜地裁で始まる。少年は起訴内容を認めるとみられ、情状と量刑が焦点になる。一方、上村君が殺害された河川敷には、事件後多くの人が供養に訪れ、今も訪れる人が後を絶たない。だが、現場にボランティアが作った「遼太君の花壇」をめぐり、行政との悲しい行き違いが起きていることが分かった。

 事件から11か月。上村君の月命日となった今月20日、多摩川河川敷には約30人が訪れ、献花や焼香をし死を悼んだ。上村君が絶命したと思われる現場付近にある花壇には、約40本の菜の花が揺れていた。花壇は「この河川敷がさみしい場所にならないように」と、事件以降、川崎市の橘内(きつない)達夫さん(72)らボランティアが、近くの川辺から抜いてきた野草などを植えて作った。だが、ささやかな思いが込められたこの花壇をめぐり、ボランティアらと川崎市のすれ違いが起きている。

 昨年2月に起きた事件直後、全国から多くの人が連日駆け付け、河川敷は花束、供物などで山のようになった。一方で、ごみが散乱するなどしたため、十数人のボランティアが毎日清掃するようになった。高さ約70センチの大きさの地蔵も置かれ、“供養の地”となった。

 しかし、上村君の母親が「死を受け入れられず現場に足を運ぶことができない。報道されるたび、遼太が暗く寂しい河川敷に縛られているようで悲しい」とした上で「事件前の何もなかった姿に戻してほしい」と土地を所有する川崎市に要望。枯れた献花が燃える放火騒動(2月と4月)が起きたこともあり、市は6月末に献花台や供物を撤去した。ただ、献花台とは離れた花壇に植えられたヒマワリ約20本は、撤去されなかった。

 橘内さんの孫は上村君とは小学校時代の同級生。「孫が他の子からちょっかい出されているところを、転校してきたばかりの遼太君が『やめろ』と救ってくれた」。上村君の人柄に心打たれた橘内さんは、毎日のように現場を掃除しながら見守ってきた。ところが、8月上旬に花壇からヒマワリが撤去された。「市は『だめだ』と言ってないのに、なぜ…」。その後、菜の花などを花壇に植える度に、通告なしに撤去される事態が続いているという。

 河川敷を管理する市建設緑政局の担当者は撤去の理由について「(事件現場付近に)花などが植えられていると、訪れた人々が供花や供物を置いていく可能性がある」と説明した。献花台が撤去されて以降、上村君の母親から市に対し、花壇について撤去してほしいなどの要望はないという。

 現場付近の歩道は街灯が少なく、夜間人通りがほとんどない。焼香に訪れた地元の40代女性は「夜は歩くのが怖い。雑草が伸びると辺りが薄気味悪くなる。でも花壇があると明るい雰囲気になるし、遼太君も喜ぶと思う」と話した。

 今月20日に咲いていた菜の花は、28日には撤去されていた。橘内さんは「2月20日は遼太君の一周忌。友人たちも来るだろうし、花があると心が和む。行政には迷惑かもしれないが、割り切ることができない」。今後も花を植え続けるつもりという。(江畑 康二郎)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)