西武でチームメートの石毛宏典氏、清原容疑者逮捕に「キヨ…馬鹿野郎」

2016年2月3日19時55分  スポーツ報知

 野球解説者で城西国際大学客員教授の石毛宏典氏(59)が3日、元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の逮捕に、遺憾を訴えるも愛のあるメッセージを贈った。

 石毛氏と清原容疑者は西武の黄金期をともにささえたチームメート。「キヨ・・・馬鹿野郎」とブログを書き出した石毛氏は「一緒にプレーした選手のなかで、打つ、守る、投げるの技術でNO・1は清原和博だった。身体能力でNO・1は秋山幸二だった」と振り返り、「技術で素晴らしい球歴を自ら作って来たのに、なぜ、捨てなければならない…」と無念さを露わにした。

 高校1年時から甲子園で活躍した清原容疑者。石毛氏は「数多くの称賛を浴びることも、逆に傷付いたこともあっただろう。色々と経験したことが、人間形成にプラスになった面も沢山あっただろう」と分析しながら、「今回の逮捕はマイナスの面が出てしまったのか」と悔しんだ。

 石毛氏は、再出発を待っている仲間がいることを忘れないように語りかけ、最後は「一人の人間の人生を、トータルで観てあげたい!清原和博・まだ人生、半分だ!!」と叱咤激励して結んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)