高須院長、大地震の台湾にすぐさま1000万円寄付「頑張れー台湾」

2016年2月7日16時51分  スポーツ報知

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71)が、台湾南部で発生した大地震に対し、日本赤十字社を通じて1000万円を寄付したことをツイッターで明かした。

 高須院長は地震直後の6日午前、「とりあえず日赤を通じて、いま一千万円台湾に送った。今すぐ手伝いに行きたい」とツイート。午後には「全ての日本の人は台湾が大好きです。がんばれー台湾」とつぶやき、「台湾と日本は親友です。喜びも苦しみも分かちあいましょう。僕たちはできることは何でもするつもりです。永遠の友情を信じて」とエールを送った。「加油朋友台湾(頑張れ台湾の人たち)」と中国語でもツイートした。

 高須院長は2013年に6000人以上の死者が出たフィリピンの台風被害の際も、日赤を通じて1000万円を寄付したという。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)