片山さつき参院議員がツイートでご立腹!…その理由は?

2016年2月12日10時10分  スポーツ報知

 自民党の片山さつき参院議員(56)が12日、自身のツイッターで元ビジネスコンサルタントの馬場正博氏にかみついた。原因は政治ではなくファッションについて“悪口”を言われたことだった。

 発端は馬場氏が、片山氏が12日深夜にツイッターに載せた写真を見て、そのファッションについてコメントしたこと。

 片山氏が「広島西区の平口代議士の新年会は同時選挙があるのか?との後援会長さんのご挨拶で一気に決起大会的なのりに!」とのツイートとともに、ピンク色のスーツを着た自身の写真をアップ。それに対して、馬場氏がそのツイートにリンクを張りながら「片山議員のファッションセンスのひどさを前にツイートしたが、この肩パット入りのスーツの写真を見ると30年前のものを大切にきているだけかもしれない。30年前の物がちゃんと着られるなら、節約と節制は大したものだ」と書き込んだ。

 これを読んだ片山氏は、同様に馬場氏のこのツイートを表示しつつ、反論。「大変申し訳ないがこのおっさんファッションなど全く無知らしい!この服は麻布十番の欧州から直接安く買ってくる地元マダム御用達の店で数年前にサンキュッパで買ったもの!肩パッドも入っていない、要するにこういうデザインなだけ!」。思わず馬場氏を“おっさん”呼びしてしまうほどご立腹の様子だった。

 馬場氏はその後、「片山議員のファッションの悪口を言ったら、ブロックされてしまった。政治的見解の相違には寛容でもファッションはいけなかったようだ。でも謙虚に受け止めた方が良いと思いますよ。芸能人ではなく政治家なのだから、印象は印象です」をツイート。片山氏から「ブロック」されたことを明かした。

 馬場氏は自らを「横丁のご隠居さん」と語り、日ごろから政治や経済などについてさまざまな意見を積極的にツイートしている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)