清原容疑者密売人の男、沖縄で逮捕 群馬シャブ親子の息子

2016年2月16日6時0分  スポーツ報知

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件に絡み、警視庁は15日、覚醒剤取締法違反(譲渡)容疑で、密売人の男(44)を逮捕した。沖縄県内で身柄を確保した。逮捕容疑は、1月31日夜、群馬県太田市のコンビニ駐車場で清原容疑者に覚醒剤を譲り渡した疑い。清原容疑者は、覚醒剤を受け取った状況について供述を始めていたが、入手先を明らかにせず、警視庁は押収した携帯電話の通信記録などを解析し入手経路を詳しく調べていた。

 清原容疑者の現行犯逮捕から13日。警視庁は覚醒剤の密売人とみられる男の行方を突き止めた。逮捕されたのは群馬県みどり市の無職・小林和之容疑者(44)。警視庁によると、捜査員が沖縄県で小林容疑者を発見し、午後5時半すぎに身柄を確保、逮捕した。

 逮捕容疑は1月31日午後9時前、営利目的で群馬県太田市のコンビニ駐車場に停車中の乗用車内で、覚醒剤約0・2グラムを4万円で清原容疑者に譲り渡した疑い。小林容疑者は「まったく知りません」と容疑を否認している。関係者によると、小林容疑者は、群馬県桐生市出身の60代の密売女の息子とみられる。

 捜査関係者によると、清原容疑者は東京都港区の自宅マンションで覚醒剤0・1グラムを所持していたとして2日に現行行犯逮捕された。1日に群馬県内で覚醒剤を譲り受け、都内に戻りホテルで1泊した後、港区の自宅内で警視庁に逮捕された。翌日、所持容疑を認め「腕に注射をしたり、ガラスパイプであぶって吸ったりしていた」と使用についても供述した。

 警視庁は、清原容疑者が過去に複数回、群馬や栃木県に行った後に都内のホテルに入るという行動を繰り返したとみて、押収した携帯電話の通信記録などを解析し入手経路を調べていた。

2人はたびたび群馬県内で接触、小林容疑者が清原容疑者に覚醒剤を譲り渡していたとみられる関係者によると、同容疑者は1年以上前から、密売人親子の指示を受けて、沿線の北関東自動車道を移動しながら覚醒剤を入手、多い時は覚醒剤を月に4回購入していたとみられる。

 清原容疑者は12日から取引の状況について供述をはじめたが、入手先は明かしていなかった。東京地裁は12日に清原容疑者の勾留を14日から23日まで延長することを決定した。

 ◆清原容疑者の覚醒剤所持事件経過

 ▽2月2日 東京都港区の自宅マンションで覚醒剤0・1グラムを所持していたとして覚醒剤取締法違反(所持)容疑で警視庁が現行犯逮捕

 ▽3日 警視庁が清原容疑者の自宅から覚醒剤、注射器、ガラスパイプ、携帯電話を押収。同容疑者が覚醒剤の使用を認める供述を始める

 ▽4日 警視庁が身柄を東京地検に送検。東京地裁が13日までの勾留を決定。覚醒剤の入手先について「しゃべるつもりはない」と供述を拒否

 ▽5日 逮捕前日に群馬県内で覚醒剤を購入したとみられることが判明

 ▽12日 東京地裁が勾留を14日から10日間の延長を決定。期限は23日

 ▽15日 警視庁が密売人の男を覚醒剤取締法違反(譲渡)容疑で逮捕

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)